妊娠の可能性が避けられるレボノゲストレル

アイピルは性行為をしてからでも間に合う避妊薬です。

主成分のレボノルゲストレルについてここでは詳細を見てみましょう。

効果は普通のピルとは違う

普通のピルと違って大きな違いは性行為後に服用しても間に合うという点です。性行為をしてから72時間以内に服用すれば間に合います。通常のピルの場合は、日々継続して服用するタイプが多く、性行為をする、しないに限らず効果を発揮してくれる働きがありますが、こちらのモーニングアフターピルと言われている製品に関しては性行為をしてから 72時間以内に服用することで避妊の効果が現れます。24時間以内にすれば更に効果が高くなることが分かっています。

副作用の心配について

服用してから嘔吐してしまった場合は早めに医師に診察してもらったほうがいいでしょう。レボノルゲストレルはホルモンです。ホルモン剤を大量に投与していますので、何らかの副作用が現れてもこれは不思議なことではないのです。妊娠中の人はもちろん服用することができませんし、ほかの治療を受けている人も、一度服用前に医師に相談してからにしたほうがいいかもしれません。

レボノルゲストレルについて

レボノルゲストレルは排卵の周期を遅らせることが可能です。精子が受精をしないようにする効果も持っています。強制的な精子を受精させない効果を持っているために結果的に妊娠しないという効果です。通常のピルは決まった時間に服用しますが飲み忘れてしまうこともあるでしょう。その結果妊娠してしまう人も多いと言われています。日々飲み続ける煩わしさから解放されたい女性はモーニングアフターピルを性行為の後に飲むことによって日々の煩わしさから解放されています。あくまでも緊急用として服用するための薬ですので、その点は理解して毎日服用するようなことはないようにしましょう。コンドームで避妊をしたとしても避妊効果は100パーセントではないことはご存知だと思いますが、80パーセント程度しか避妊効果は確認されていません。利用者の2-パーセントは避妊に失敗していることがわかりますので、そのような場合に有効です。

モーニングアフターピルは通常のピルとは飲み方が違います。主成分のレボノルゲストレルはホルモン剤ですので副作用にも注意しましょう。