ピル服用開始日に事後でも避ける

通常のピルは定期的に服用し続けるのですが、普通のピルとの違いは継続して飲み続けない点にあります。

服用開始日とそして1回の服用での効果が期待されます。

望まない妊娠をした場合

モーニングアフターピルは望まない妊娠をした場合に服用することで効果を発揮させることができる薬です。日本でピルを処方してもらう場合には医師の診察を受けた上で処方箋があればクリニックや薬局で出してもらうことができます。しかしアイピルはまだ日本では承認されていない薬ではありますので、日本で手軽に購入することができないデメリットがあります。

個人輸入で入手

海外では承認されている薬ですので、個人輸入を使えば入手可能です。しかし外国の言葉の通じないところから薬を購入するということは少々不安が大きい人も多いでしょう。そのために便利なのがインターネットのサイトです。個人輸入を代行して個人の代わりに輸入してくれているサイトがありますので、こちらのサイトを経由すれば、手軽にインターネットショッピングを楽しむ感覚で購入することができるのでおすすめです。

服用開始日について

普通のピルの場合は色々と医師に相談をした上でいつから服用をするのか決定することが多いですが、モーニングアフターピルの場合は服用開始日は自分で自覚しているタイミングで開始することになります。性行為があってから最大72時間以内、早ければ効果が高いと言われていますので、30分後でも直後でもいいので、早ければ早く飲むことがおすすめです。万が一72時間以上たってから服用を開始したとしてもそれほど効果が落ちることはないと言われています。最大で120時間以内ならば避妊できることが分かっていますので、このことは考慮した上で避妊薬を飲むことをおすすめします。しかし万が一飲み忘れた、しっかりと飲めていなかった(嘔吐して薬の成分が出されてしまった)場合は、避妊する効果がなく、妊娠してしまう可能性もありますのでその点は、理解した上で確実な効果を得られる方法を利用して服用することをおすすめします。避妊に失敗した、避妊出来ていないと自覚してすぐに飲むといいでしょう。

避妊をしていても失敗することはあります。コンドームは100パーセントの避妊率ではありませんので、どうしても今は妊娠を望まないという人はモーニングアフターピルを利用して望まない妊娠をあらかじめ防ぐことが可能です。緊急的に服用しても72時間以内なら最大避妊効果があります。