避妊の緊急時に飲むならアイピル薬がおすすめ

避妊できる確率はコンドームを使っても実は100パーセントとは言われていません。

その中で万が一失敗してしまっても慌てることはありません。

モーニングアフターピルと言われる事後に飲む薬があります。

避妊薬とは?

避妊薬、それは望まない妊娠をしないために飲むための薬です。それだけではなく、生理の際の諸症状がひどいという人にたいしては、それらの症状を緩和させる働きもあることがあります。続けて飲むことによって肌の調子を整える効果もあることが分かっていますので、さまざまな効果があります。しかしやはり1番の効果というのは望まない妊娠をしないことです。望まない妊娠をしてしまったらどうでしょうか。出産すると言う人もいれば、中絶してしまう人もいて体も心も傷を付けることになります。そのような悲しい思いを誰もしなくてもいいようにするためにも、もしも避妊をしていて失敗してしまった場合にはモーニングアフターピルを飲んで対処させる必要があります。

病院での処方

モーニングアフターピルは一般的には病院で処方してもらわなければ手に入れることができません。しかし、万が一の時に、慌てて病院へ駆け込むというのは嫌だという人もいるでしょう。そのためにお守りがわりに手元に置いておきたいと考える人もいるのです。常日頃からピルを服用している人ならいいのですが、そうではない人にとっては、万が一失敗してしまったときのお守りがわりになりますので、持っているだけで安心です。処方してもらわなくても通信販売でも購入できますので、もし処方してもらうことに抵抗があり、躊躇しているというのであれば、インターネットで購入するといいでしょう。

ノルレボのジェネリック

そしてアイピルというのは、手頃な価格で手に入る薬です。何故このようにリーズナブルな価格で手に入るのか、その理由は、ノルレボという薬が先発薬として販売されていて、その後発薬だからなのです。そのために、リーズナブルな価格で手にいれることができます。もともと世界中で知られているモーニングアフターピルのノルレボはフランスで開発されました。そして日本でも製薬会社が発売しているのですが、そのジェネリックなのです。妊娠を防ぐことが可能である上に、先発薬とも違いがありませんので、リーズナブルに手に入るということはこれから購入を検討している人にとっては安心ですね。医師の診察もありませんし、処方箋がなくてもインターネット上で購入することができることも安心の理由の一つではないでしょうか。

まとめ買いがお得

インターネットでの販売は1箱単位での販売ではありますが、まとめがいすることも可能です。まとめ買いをしたほうが1箱あたりの価格がどんどん下がりますので、まとめ買いしておいてもいいでしょう。一人で消費しきれない可能性がある人は、誰か知り合いや友達と分けて購入してもいいのではないでしょうか。例えばとあるインターネット通販の場合、1箱あたりの価格は1780円ですが、7箱セットで購入すると1191円になりますので、600円以上安くなることが分かっています。これはかなりリーズナブルな価格ですので、7人で分けてまとめ買い購入をしてみるのも一つの方法です。

主成分について

主成分はレボノルゲストレルです。黄体ホルモンの種類の一つです。この黄体ホルモンの働きには受精を阻害する働き、受精卵が着床しないように阻害する働きがあります。それだけではありません。一定量を服用することによって体内のホルモンの値が変わり万が一受精してしまったとしても受精卵が着床しにくい体を作ります。強制的な生理現象を起こして受精卵があってもなくても出血をして排泄してしまうことで妊娠しないようにしています。

いつ飲むのが効果的なのか

行為が終わってからすぐに服用することが一番良いと言われています。早ければ早いほど効果があると言われ24時間以内に飲むことで95パーセントの確率で成功しますし、72時間以内の場合は 75パーセントの確率で成功することが分かっています。もしも72時間以上過ぎてしまったとしても、120時間以内であるならば服用すればまだ間に合うとの報告もありますので、飲まずにいるよりはあきらめないで飲んだほうが妊娠を防ぐことにはつながる用です。万が一の場合に慌てることなく冷静に対処することができます。妊娠を防ぐ目的で服用するものですので、ホルモンを補充して体内で変化を起こして対処します。ホルモンを大量に一度に摂取しますので、何らかの体への変化はありますので副作用の注意は必要です。

万が一避妊に失敗してしまう、避妊するのを忘れてもこれからは慌てることはありません。望まない妊娠をしないために対処できるモーニングアフターピルで対処可能です。